基礎集計資料(2016年度)

※1型糖尿病患者のうち、「insulin単独」+「insulin+αGI」で治療を行っている方を「Type 1 INS(1型INS)」としています。
※We defined Type 1 INS as Type1 diabetes treated with only insulin or insulin+αGI.

 

1.多施設共同研究への参加施設

2016年に実施された多施設共同研究の参加施設は58施設でした。

The participating institution in basic study was 58 in 2016.



参加施設一覧/リンク集

 

2.基礎研究への参加施設数と登録患者数推移

The number of facilities participating in basic study and the number of patients in registry.

JDDMの共同研究は2001年から実施されており、基礎研究は毎年5月から7月を対象期間としています。

JDDM collaborative studies have been started since 2001.The data period of this basic study is from May to July every year.


 

3.各年度の平均HbA1c推移

Mean HbA1c in each year

平均HbA1cの年次推移は両群において低下傾向にありましたが、2014年には若干上昇し、その後横ばいとなっています。

The yearly change in mean HbA1c has slightly increased in both groups in 2014 and has been maintained thereafter.


 

4.糖尿病のHbA1cヒストグラム

Histogram of HbA1c for type 1 and 2 diabetes

2016年の集計で糖尿病患者さんのHbA1c平均値は7.04% でしたが、ヒストグラムにすると次の通りです。

The histogram below represents HbA1c of patients with type 1 and 2 diabetes in 2016 and the mean HbA1c is 7.04%.



5.1型INS糖尿病のHbA1cヒストグラム

Histogram of HbA1c for Type 1 INS

2016年の集計で1型INS糖尿病患者さんのHbA1c平均値は7.80%でした。

The histogram below represents HbA1c of patients with Type 1 INS in 2016 and the mean HbA1c is 7.80%.



6.2型糖尿病のHbA1cヒストグラム

Histogram of HbA1c for type 2 diabetes

2016年の集計で2型糖尿病患者さんのHbA1c平均値は7.00%でした。

The histogram below represents HbA1c of patients with type 2 diabetes in 2016 and the mean HbA1c is 7.00%.



7.登録患者の平均年齢

Mean age in each year

平均年齢の年次推移は両群において増加傾向にあります。

The yearly change in mean age is increasing in both groups.



8.登録患者の平均BMI

Mean BMI in each year

平均BMIの年次推移は1型INS・2型糖尿病両群において増加傾向にありましたが、2型糖尿病においては2014年より低下傾向がみられます。

The yearly change in mean BMI has increased in both group until 2013, but it has decreased in 2014.


 

9.2型糖尿病の治療法の変化

Change of the type of medical treatment for type2 diabetes

インスリン療法の割合が年々減少し、 GLP1analogの割合は増加しています。2016年の経口薬治療薬は 2015年より減少し、食事療法の割合が増加していました。

The rate of insulin therapy has decreased every year and that of GLP1analogs has increased. The rate of oral hypoglycemic agents in 2016 has decreased and that of diet has increased compared to those in 2015.


 

10.2016年度の治療法別HbA1cの分布状況(2型糖尿病)

HbA1c in each type of treatment for type2 diabetes in 2016

HbA1cはもっとも代表的な血糖コントロールを示す指標の一つと言われていますが、糖尿病学会の定める目標の7.0%未満に達していない患者さんも数多くおられます。

It is said that HbA1c is one of the representative markers which indicate glycemic control. However, there are many patients who do not achieve the target which Japan Diabetes Society established, namely, HbA1c less than 7.0%.

 

ページトップへ