データの引用、転載等について

一般社団法人糖尿病データマネジメント研究会(通称JDDM)に帰属する著作物の引用等について
JDDMは、2000年より共通の糖尿病臨床データベース(CoDiC)に会員施設の臨床データを集積し、そのデータをもとに糖尿病に関する各種共同研究を企画、調査、解析しております。その成果は、海外を含む糖尿病関連学会で多数発表されており、主要学会誌などへの収載も増えております。
最近では、我が国の糖尿病臨床の基本データとしても注目され、引用使用等が大変増えてまいりました。
CoDiCのデータを解析して得られた結果については、著作物の対象物であり、その帰属先は当研究会となります。
今後、著作権に関する問題発生を防ぎつつ、JDDMのデータを広く活用していただくために、下記のようなルールを決めさせていただきますのでご留意ください。

引用・転載等の基準:(原則として「転載許諾申請書」を提出してください。)

  1. データを、学会論文、学会発表等、非営利の学術活動に使用する場合。
    • 適正な引用表示と量であれば、原則として費用は発生しませんが、事前にJDDMにご連絡ください。
  2. 企業等が、学術資料、販促資料の一部として引用する場合。(転載料:500,000円)
    • 原則として有償となります。事前にJDDMにご相談ください。
    • 当研究会の賛助会員の場合は別途ご相談ください。
  3. 出版、電子メディアなど報道、記事の一部として、データを使用する場合。
    • 適正な引用表示と量であれば、原則として費用は発生しませんが、事前にJDDMにご連絡ください。
  4. 個人的使用、学校などでの教育用、行政機関などでの使用、プレスリリース、時事報道、視覚・聴覚障害者向けの使用などについては、許諾の必要はありません。

オリジナルデータの集計・提供について:
製薬企業等が、薬剤の使用実態や治療経過などについて、CoDiCのデータをもとにオリジナルのデータを希望する場合、その可否や費用等についてご相談に応じます。 JDDMまでご連絡ください。

お問合せ、申込連絡先:
糖尿病データマネジメント研究会事務局代行
〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11㈱創新社内
TEL:03-5521-2881 FAX:03-5521-2883
kouhou@jddm.jp
「転載許諾申請書」はこちら

ページトップへ